パークメンテ青森
>合浦公園 >野木和公園 >野木中央公園 >平和公園  >本町公園  >戸山中央公園 >戸山西公園 >奥野中央公園 >はまだて公園 >浜田中央公園 >八ツ役北公園
>青森市スポーツ公園わくわく広場 >青森駅前公園 >新青森駅前公園
合浦公園
青森市を代表する公園。 明治14年着手、同27年完成。面積17ヘクタール。市街地の東、国道4号から入った所にあり、公園北側は海浜になっていて、夏は海水浴客で賑わいます。また、桜の名所としても知られ、「青森春まつり」の会場となり多くの花見客が訪れます。池沼の周辺は日本庭園の様式を取り入れています。「日本の都市公園100選」にも選ばれています。 公園内には市営球場、市営庭球場、茶室「合浦亭」、屋外ステージ、多目的広場21,000㎡、蒸気機関車、石碑31基、藤棚5箇所、動物舎7棟、東屋7棟、トイレ6棟等の設備があります。また、公園中央部には、市指定天然記念物”三誉の松”があります。
合浦公園の概要
水原衛作が提唱し、市民の寄付と柿崎巳十郎兄弟の努力によって完成した青森県内最初の都市公園。明治27年に寄付された。
奥州街道の松並木・銘木、池泉、砂浜、石碑の公園。後に野球場、蒸気機関車が整備され、春は花見、夏は海水浴、秋は運動会など市民の憩いの場として利用されている。

主な沿革

明治13年:水原衛作が公園創設を願い出る。
明治14年:着工 (15年工事着手)
明治27年:完成と同時に青森町へ寄付。
大正7 年:合浦保勝会設立。
昭和23年:旧青森中学校跡地に野球場設置。
昭和25年:市営競輪場完成。
昭和39年:4月29日、合浦公園70周年式典を挙行。
昭和63年:EXPO"88青函博覧会の現代彫刻展の会場となる。
平成元年:7月28日「日本の都市公園100選」に選ばれる。
(主催 緑の文明学会、日本公園緑地協会)
平成 6年:9月18日、合浦公園100周年式典を挙行。
平成12年:「合浦公園スタジアム」が完成。
平成16年:11月17日「三誉の松」が市天然記念物に指定。
現況
・面積:17.0ha
・樹木:桜655本
クロマツ654本・ヒマラヤシーダー
ケヤキ・メテセコイア・モミジ
シンジュ・ポプラ・ユリノキ・コブシ等
【本数はH15現在】
管理施設:管理棟3棟
(合浦公園管理事務所、作業員休憩所兼 作業所、倉庫)
東屋:7棟
トイレ:6棟(うち車椅子対応2)
花壇:3箇所
像・石碑:31基
動物舎:7棟(猿・小動物・孔雀・水鳥・小鳥・中鳥)
SL展示:1機(C11型167号)
茶室「合浦亭」、
海水浴用シャワー棟(青森市文化スポーツ振興公社)
市営球場、市営庭球場(スポーツネット青森)